動かない端末を目の前にしてやるべきこと

この記事をシェアする

故障する前に気にしておくこと

スマホ、パソコンなどを利用している人のほとんどが「バックアップ」という言葉を耳にしたことがあるでしょう。
そして、多くの人は、何らかの形でバックアップをしていると思いますが、自分のバックアップ方法が間違っていないか、更にはこれを機に再度データ保存の重要性を確認しましょう。
バックアップは、実際に何かきっかけがないと、なかなかやらない人も多いのではないでしょうか?
例えば、携帯やスマホの機種変更、パソコンなどの場合はバージョンアップの際などが、そのきっかけに当りますが、早々頻繁にあるものではないため、もし今、故障してしまったら、例えバックアップしていた人でも、情報がかなり古いもので、復元しても最近のものは全て無い…なんてこともあります。
バックアップは、ある程度の頻度も必要となるため、忘れない工夫と自分なりにやりやすい方法を調べておくこともポイントです。

悪徳業者に注意!直ればいい訳ではない

今やメールや電話等の連絡手段は、ネットを利用してる方が殆どです。
そのため、スマホやパソコン等の他者と連絡を取る手段のものが故障してしまうと、不便を感じるだけでなく、生活自体が不安定になってしまう方もいますが、幸いにして修理を請け負ってくれるところは多々あります。
上記でも、正規代理店や修理専門店で様々な故障の修理をしてもらえることはお伝えしましたが、修理に出す際に気を付けなければいけない点があります。
それは、あなたが保有している「データ」がどのように扱われるかです。
修理専門店は、データを消さずに修理できることを売りにしていますが、データが消えなかったり、復元できただけで安心ではありません。
修理過程で、データをどのように扱われているか、流出している恐れはないかなど細心の注意が必要です。
修理業者の中には、修理後に高額の金額を請求してくることもありますので、予め見積りを取ってから依頼しましょう。