現代社会におけるネット環境の必要性

この記事をシェアする

スマホなどのよくある修理内容とは

スマホやタブレットなどの端末には、故障がつきものですが、故障内容や程度によっても修理の内容や費用など様々です。
よくある修理の内容と修理期間、費用についても見ていきましょう。
やはり修理で最も多いのは「水没」です。
ズボンのポケットに入れておいたものが、トイレに落ちてしまった、雨の日、鞄に入れたまま鞄ごと濡れてしまった…など理由も様々ですが、この状態になると修理しないと殆ど直りません。
完全水没や内部まで水が入ってしまった場合は、データ復旧も難しいでしょう。
また、「液晶割れ」の修理も多くありますが、これは軽度なものであれば、見た目や見にくいなどの支障があれど、修理で手放す時間やデータを心配してか修理に出さない人もいます。
このように、端末が何らかの原因で故障してしまった場合、「データの復元」と「修理期間」が修理に出すか否かを大きく左右していると考えられます。

修理先は正規代理店?それとも修理専門店?

万一、今使用しているスマホなどが故障してしまった場合、誰もが1番に思いつくのが「正規代理店」への相談だと思いますが、街中にはスマホなどの修理をする「修理専門店」が存在します。
上記のお店では、どちらでも修理ができますが、修理の内容や価格には大きく違いがあります。
まず、正規代理店では、故障した部分を特定し、直るかを確かめるために1番最初にやることが「初期化」です。
これには、データの流出を防ぐという狙いもあり、最低限の写真やアドレス帳などは専用のバックアップアプリ等で復元できることもありますが、SNS関係のデータなどスマホ内にあったほとんどのデータは消えると思ってよいでしょう。
一方で、修理専門店では、可能な限りデータが残るよう修理してくれることが多いようです。
しかし、情報漏洩の観点は不透明で、修理代金に関しても、一般的な修理価格かどうかの判断は難しいため、何を優先するかで選択しましょう。